カタログ・コンサルタント

カタログ・パンフレット|企画 デザイン 制作~印刷 作成から納品まで

商品の魅力が伝わるカタログを作成しよう!印象に残るカタログ作り


商品が売れるようなカタログ・パンフレットを作りたい。

カタログ・パンフレットを作りたい

製品・商品カタログを作りたい。そこには必ず目標があるはずです。

製品や商品のカタログ作りたいという担当の方は、売上げの向上が命題ではないでしょうか。

きれいなだけの印刷物が欲しいのではなく、売れるために必要な要件を満たしたものを要求されているでしょう。我々がお客さまの業界のことを、お客さま以上に知りうる事はあまりありません。

ですから、お客さまの声を聞き、目標を共有しながら、我々の技術と知恵、経験でお客さまに貢献したいと考えております。


考慮する事項

カタログ配布先

  • 企業が対象先 B (business) to B (business)
  • 個人が対象先 B (business) to C (consumer)

↓


作成するものが、直接ユーザーである消費者へ届く場合は、ユーザーが使った場合のメリット訴求が主にする場合が多く、法人向け(流通向け等)の場合は、他社商品との差別化やスペックを中心とする傾向にあります。

ターゲットそれぞれ向けに明確に2種類制作する場合もあれば、兼用できる方向で作成する場合もあります。

カタログ用途

  • 製品・商品などのスペック等の紹介、サービス案内、メリット訴求
  • 業活動支援、販売促進ツール、配布ツール

↓


直接エンドユーザーが目にするカタログで商品自体、見れば使い方の分かる商品、説明が必要な商品があります。使い方の分かる商品ではスペック情報がより重要である場合も多く、いかに高性能・高品質であるかを。説明が必要な商品であれば、いかに説明内容を視覚化(写真やイラスト等)し、一目で商品メリットが伝わるようにするか。

また直接お客さま担当者がカタログを持ってセールスできる場合と、流通を通じて何のフォローも無しにカタログで全て簡潔させなければならない場合があります。

カタログブランディング

  • 売上の向上・販売促進支援
  • ブランドの向上
  • 製品・商品内容・サービス内容の認知向上
  • 新規開拓・リピーターの囲い込みなど

↓


カタログやパンフレットを作成する際、実はことなる目標がある場合もあります。

製品カタログなど販売を主な目的としたツール。もう一つが企業名やシリーズ名などのブランディングを目的としたツール。ページ数が多い場合は平行して行っていることも多いのですが、商品点数が多く、紙面スペースが少ない場合はどうしても商品内容やスペック、価格などが中心になってしまい、ブランディングまで紙面が割けない場合もあります。

また、高額商品で掲載点数が少ない場合やサービスの場合は、ブランド寄りの目的であるケースが多くあります。

カタログ演出方法

  • 製品・商品やサービスを享受した場合に発生する良いイメージの訴求
  • 製品・商品の詳細情報
  • 商品名・サービス名・タイトル名・商標名

    商品・製品写真(商品カット・イメージカット・付属品カット等

    イラスト・図解等

    スペック情報

    価格等


↓


演出方法。紙面や予算が限られている場合もありますが、可能な限り演出方法は手を抜けません。

ロケ撮影、スタジオ撮影。モデルやタレント、ヘアメイクやスタイリスト、家を丸ごと借りるハウススタジオ。イラストや写真合成加工でイメージを作る場合などケースバイケースで様々な見せ方(魅せ方)が存在します。

グラフィックでは書体(フォント)でも印象が変わりますしカラー設計で明るくもシックにも高級感を出すことも可能です。

印刷用紙や製本の折り方の工夫でストーリー展開を変えることもできます。


有効な活用方法は必ずあります。

まず、当社までご相談いただけましたら・・・。


詳細を見に行く

実績一覧ページへ


印刷コーナーTOPページへ

会社案内コーナーTOPページへ

DM/リーフコーナーTOPページへ