カタログ・コンサルタント

DM/ダイレクトマーケティング|企画 デザイン 制作~印刷 作成から発送・納品まで

ダイレクトマーケティングで効率UP!ポイントと要件を明確に

DM(ダイレクトメール)を活用したい。

ダイレクトメールを活用

DM (ダイレクトメール)を活用したい。そこには必ず目標があるはずです。

DM(ダイレクトメール)によるプロモーションを検討しているお客さまは、企業あるいは商品・サービス認知の向上や情報の露出などを目的にされていると考えます。印刷物ではなく、印刷物(DM)のもたらす、その先の企業利益が本来の最終目標だと考えます。タイムリーに届くDMは特定マーケットにとって非常に効果的です。我々は、その目標を見据えたDM活用術を適正なコストで、お客さまに貢献したいと考えております。


考慮する事項

ダイレクトメール配布先

  • 企業が対象先 B (business) to B (business)
  • 個人が対象先 B (business) to C (consumer)

↓


個人(消費者)向け、法人向けなど様々にダイレクトマーケティングは活用されています。

商品カタログや、DM折りにしたリーフレットなどをOP封筒で個別に民間の宅配サービス(ヤマトさんメール便等)で発送する場合や、ハガキサイズにした郵便ハガキや圧着ハガキなどのサイズにて郵便局出しにする場合など、アイテムの形態、届けたい日時、コストなどのバランスで様々なパターンが考えられます。

ダイレクトメール用途

  • 特定のマーケットへ向け、製品・商品・サービスの案内を個別詳細に行う
  • 新製品情報・キャンペーン情報等のタイムリーな広告、告知

↓


キャンペーン等で得た顧客情報や従来のお客様への製品・商品・サービスの案内を送る場合や、キャンペーン告知そのものの場合もあります。

新製品情報や年次情報(年度ごとのカタログ等)を送付するなど、活用方法は多岐にわたります。

いずれにしても個人情報保護の観点で情報をきちんと扱う必要があります。

ダイレクトメール情報

  • 売上の向上・販売促進支援
  • ユーザーに即した最新情報の提供
  • ブランドの向上
  • 製品・商品内容・サービス内容の認知向上
  • 新規開拓・リピーターの囲い込みなど

↓


販売促進に直結する情報の場合は情報量の多いツールを。販売キャンペーンを訴求するためには必要な情報のみをキャッチーなコピーとビジュアルでタイムリーにアナウンスするなど、マーケティング対象との特性を考えたアイテムが必要になります。

また、新規顧客へのアピール、従来顧客の囲い込みとしての役割を持たせる場合もあります。

ダイレクトメール形態

  • 発送先リストの確保(データ整理等)
  • ハガキ・往復はがき・圧着ハガキ/カタログ・リーフレットを梱包発送
  • 郵便サービス(広告郵便等)/一般企業メール便 等
  • ・通常郵便・広告郵便(発送部数等により割引率が変わります

    ・宅配業者サービスを利用したメール便・バイク便 等


↓


顧客データの管理・保存、収集の方法、アイテムごとの加工・梱包資材・封入封緘作業など様々な課題をクリアしていく必要があります。

個人情報の取り扱いについては、当社のプライバシーポリシーをご確認ください。

親書に該当するアイテムは民間宅配サービスでは送れません。


有効な活用方法は必ずあります。

まず、当社までご相談いただけましたら・・・。


詳細を見に行く

実績一覧ページへ


印刷コーナーTOPページへ

カタログコーナーTOPページへ

会社案内コーナーTOPページへ